Go to キャンペーンの種類とおさらい

掲載日時
生活

コロナウイルス感染拡大により、観光業や飲食業は大きな影響が出ていますが、少しでも活性化させるために今月各種Go to キャンペーンが政府から出ました。本記事ではGo to キャンペーンの種類を簡単に紹介していきます。

Go to キャンペーンの目的

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大は、観光需要の低迷や、外出自粛の影響により大きな被害を受けています。
そのため、新型コロナウイルスの流行が収束後には、日本国内において人の流れと街の賑わいを作り出し地域を活性化させる必要があります。
Go toキャンペーンの基本方針としては、まずは、新型コロナウイルスの感染防止を徹底してから、雇用の維持と事業継続のためを施策に取り組んでいくこととなります。
特に大きな影響を受けている、観光、運輸、飲食、イベント、エンターテイメント業を対象として需要喚起を目的としたキャンペーンを実施します。

Go to キャンペーンとしては以下の4種類が展開されます。

  • Go to Travelキャンペーン
  • Go to Eatキャンペーン
  • Go to Eventキャンペーン
  • Go to 商店街キャンペーン

Go to Travelキャンペーン

Go to Travelキャンペーンは、新型コロナウイルスにより甚大な影響を受けた観光需要を家にするため、宿泊をともなう旅行及び日帰り旅行の旅行代金の最大5割を国が補助する観光支援策です。

補助額としては、日帰りの場合は1人1万円、宿泊を伴う場合は、1人1泊あたり2万円を上限として、旅行代金の35%を割引、15%分旅行先の登録加盟店で利用できる地域共通クーポンをもらうことができます。

期間は2020年7月22日以降の旅行から2021年1月末までの予定となっています。

今後感染症の状況により、実施地域などが変更となる可能性はありますが、現在はすでにスタートしています。

詳細はGo to Travelキャンペーン公式サイトを御覧ください。

Go to Eatキャンペーン

Go to Eatキャンペーンは感染予防対策に取り組みながら頑張っている飲食店を応援し、食材を供給する農林漁業者を応援する取り組みです。

Go to Eatキャンペーンでは、2つのキャンペーンがあります。

1つ目はオンライン飲食予約の特典です。オンライン飲食予約サイト経由で対象期間中に予約・来店すると次回以降に飲食店で利用できるポイントがもらえます。
昼食時間帯は500円分、夕食時間帯は1000円分です。

2つ目は、食事券の特典です。登録飲食店で使えるプレミアム付き食事券を、購入額の25%分上乗せしたチケとをもらうことができます。1万円でチケットを購入すると1万2500円分使用することができます。

こちらはまだスタートしていないキャンペーンなので、政府の発表をお待ち下さい。

Go to Eventキャンペーン

Go to Eventキャンペーンは、チケット販売事業者などを経由して、期間中のイベントやエンターテイメントのチケットを購入した方に、チケット料金の2割層との割引またはクーポン等が付与されます。現在は、単純に料金が2割引になる、2割相当の物販クーポンが付与される、次回以降使える2割分のポイントが付与されるなどの特典が想定されています。

詳細は、こちらを御覧ください。

Go to 商店街キャンペーン

Go to 商店街キャンペーンは、商店街等への誘客や、商店街等での購買につながるイベントなどの取り組みを支援することにより、商店街等の賑わいを回復することを目的としたキャンペーンです。

こちらは、現状では消費者側になにか特典があるわけではなく、商店街等がイベントを開催するに当たり、イベント資金、ノウハウ、人材派遣等による支援、イベント等の広報などの支援を受けることができます。支援金は300万円を上限として支給されます。

支援されるイベントとしては下記のようなものが想定されています。

  • 新型コロナ感染対策を講じた上での毎年恒例の商店街イベントの実施
  • テイクアウト対応店舗のポータルサイト作成・運営
  • オンラインイベントの実施と広報
  • 地域産品配布等によるピーク時間分散化のためのセールイベントの実施
  • 商店街定番メニューのデリバリーキャンペーン
  • 商店街での食べ歩きツアー等の企画の開発とOTA等(JTB・じゃらんなど)での販売

スタート時期は2020年8月中旬が予定されています。

まとめ

本日はGo to キャンペーンの種類についてまとめました。事業者の方も、この機会に旅行や飲食店を楽しみたい方もぜひ参考にして、活用してみてください。